登録販売者の

仕事内容まとめ

登録販売者の仕事内容

 登録販売者というお仕事をご存知でしょうか?登録販売者とは第2類や第3類の一般用医薬品を販売する専門職です。未経験でも目指しやすい職業として注目を集めていますし、資格取得に燃えている方もたくさんいます。

 一般用医薬品とは処方箋なしで購入できる薬のことです。ドラッグストアや薬局で気軽に購入できる薬、という解釈で問題ないでしょう。登録販売者が扱える第2類、第3類は数ある一般用医薬品でも9割以上を占めていますし、ほとんどの薬を扱えるといっても過言ではないでしょう。薬剤師がいないときでも一般用医薬品販売ができますし、ドラッグストアや薬局で登録販売者の有資格者を募ることも多いです。

 冒頭で未経験の方でも目指しやすい資格、職業だとご紹介しましたが、これは事実です。薬のエキスパートである薬剤師を目指すには大学で6年の薬学課程を修了しなくてはなりませんが、登録販売者はその必要はありません。実務経験や年齢制限などもありませんから、社会人になってからも目指せる資格として注目されているのです。2016年には受験者数が5万人を突破しましたし、これからますます注目されるであろう職業です。

 登録販売者はその気になれば誰でも目指せますから、ドラッグストアや薬局で働きたい方は目指してみてはいかがでしょうか。このサイトでは登録販売者の職場ごとの仕事内容、求められる人物像などについてご紹介します。皆さんが登録販売者についてもっと詳しく理解できれば幸いです。


▼登録販売者に関するオススメリンク▼
登録販売者の求人サイトを利用すれば、具体的な勤務場所や仕事内容を知ることができます。こちらのサイトでは、登録販売者になるためのポイントも紹介されていますので、ぜひご参考ください → 登録販売者 求人