登録販売者の

仕事内容まとめ

職場によって異なる仕事

 登録販売者の資格を取得すればいろいろな職場で働けます。ここでは、登録販売者の有資格者がどこで働けるのか、どのような仕事を行うのかについてご紹介します。興味を持った方はしっかり読んでくださいね。

 薬局やドラッグストアなど、医薬品販売を主に行うお店で活躍できます。商品の陳列や接客も行いますからかなり広い業務領域をカバーしなくてはなりません。ほかにもスーパーマーケットやホームセンター、一般用医薬品販売の許可を得ているコンビニエンスストアなどでも働けます。

 製薬会社や医薬品通信販売のオペレーターといった働き方もできます。製薬会社の営業では医薬品に関する説明が主な仕事となり、通販のオペレーターはお客さんからの相談や質問に対応します。また、登録販売者の資格を活かしていずれは独立開業ということも可能です。販売許可を得られれば薬局や薬店を開業できますが、それまでに経験は積んでおかねばなりません。

 登録販売者は職場によって仕事内容が変わってきますから注意が必要です。直接お客さんに対応することが多いですし、最低限のコミュニケーションスキルも必要となるでしょう。資格取得を目指す方はどこが自分に合う職場なのか今から考えておくと良いかもしれません。